2009年04月17日

さるすコミュ活性化計画

ということで。
活性化のために、むしろ参加者限定モードに切り替えました。

今は別の名前で活動してる方。
mixiだけは別名なんだよね、という方。
元さるす会員さんになら、昔の作品を見せても良いよ〜という方。

ここはここで、もりあがりたいな、と。
mixiやってらっしゃる方は、ぜひお気軽にどうぞ♪

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1585222


※承認制&非公開コミュです。(2009.3.17〜)
参加希望の方は、さるす時代のペンネームを添えて、申請してください♪
もし良かったら、いつごろ参加してたかも、教えていただけたら嬉しいです。
バックナンバーほぼ揃ってますので、参加時期を越えて語りあいましょう☆
posted by なべ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌「さるす」の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

さるす編集長から連絡ありました☆

先日、久しぶりにメールを送ったら、
エラーも返って来ないけれど、返事もないという。(笑)

どうしてるのかなぁ〜? と思いつつ、
電話するほどでもなく。(ていうか私も忙しい)

そしたら、さきほどお電話いただきました。
「あ、なべさん? Sですけど」
「え? えぇ?! おひさしぶりです!!」
「げんき〜?」
「こっちのセリフですよ!!!(笑)」

相変わらずのテンポです。
『裏のご意見番』と言われていた私のテンションも相変わらず。(笑)

近いうちに呑みましょう、なんて話になりました。
伝言など、ご希望の方は、なべまでメールください。お伝えします♪
posted by なべ at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌「さるす」の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

バックナンバー送料

雑誌さるすバックナンバー、送料のみでお譲りします。
ラスト3年間に発行されたもので、在庫があるものは以下の6冊です。
さるすバックナンバーセット
送料は210円です。
雑誌わいんぐをご購読されてる方は、まとめて送ることで送料が安くなります。
また、更に古いバックナンバーも、若干在庫があります。

お問合せは、メールにて、お気軽にどうぞ。
posted by なべ at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌「さるす」の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

★北海道特集

手紙や電話でやりとりするうちに、なべが初めて行った北海道旅行のことを特集にしてはどうか、という話になりました。
日本ドリコムさんの社内にある編集部にお邪魔して、特集について更に細かく相談しました。旅行での思い出や写真を掲載するだけではなく、旅で残った疑問を、北海道の会員さんにアンケートして掲載してはどうか、とS編集長が提案してくれました。見ることのできなかった鶴はいつどこで見られるのか、摩周湖で奇跡的に霧が晴れたけれど北海道のみなさんは見たことがあるのか、などの疑問を書いて、返信用封筒を同封して20名の会員さんに送りました。このときの費用は、編集部が負担してくれました。

18名もの会員さんからアンケートの返事が来て、編集長も私もびっくりしました。みなさんのお返事をまとめて、特集の3〜4ページ目にしました。1〜2ページ目は、見開きに北海道の地図を載せ(このときには著 作 権 的に問題のない地図を、ということで、S編集長が探してくれました)、そこに「ここでこんなものを見た」というコメントを書いたり写真を貼り付けたりしました。
4ページ目の下半分は、なぜか空欄になっていました。その理由は、できあがった「さるす」が届いたときにわかりました。北海道の会員さんによる、おすすめのお土産特集が載っていました。
編集部にあるパソコンは、Macintoshでした。初めて使うDTPソフトで、少しずつ私が書き込んだものに、S編集長が更に書き込んだり写真を追加したりして、誌面はどんどん変化していきました。アンケート結果も、ただ単に「はい」が何人、「いいえ」が何人、だけではなく、みなさんのくれたコメントをどんどん載せていく編集長に、なるほどなあ、と思いました。見開きの地図のほうにも、みなさんがくれた「ここがおすすめ!」というコメントを、編集長が追加していきました。アンケートを送るときは、他の社員の方も封入を手伝ってくれて、ちょっと申し訳ない気がしたのを覚えています。たくさんのみなさんの協力があって、「1ページおまかせでどうでしょう?」から始まった、初めての特集ページは、4ページもの、とっても充実した内容になりました。
みなさんの声を集めることで、特集が充実する。このときの経験が、わいんぐの「予告特集」につながっています。また、S編集長のアイデアによって、どんどん変化していった良さを、わいんぐでも提供できればと思い、思いついたことは提案してみています。
posted by なべ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌「さるす」の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★会員による初の表紙&巻頭特集

「読者と創るコミュニケーションマガジン」を合言葉に、次に発行された夏号の表紙は、会員のあきびいさんのイラスト、巻頭特集は竜華さんによるおしゃれグッズ特集でした。誌面のあちこちに、多くの会員さんから寄せられた、これからの「さるす」でやってみたいことが、たくさん掲載されていました。とても活気にあふれた、これから何が起こるんだろう、という誌面でした。

夏号を見て、「編集部の大革命は本気だ!」と思ったなべは、思い切って手紙を書きました。「ネタはないけれど何かやらせてください」という手紙に、S編集長から「1ページおまかせでどうでしょう?」という返事が届きました。とてもびっくりしました。今でも、たまに、わいんぐの会員さんから「こんなに身近な編集長っていない」と言われたりすると、このときのことを思い出します。
ぜんぜん、規模は違いますけどね。(笑)
posted by なべ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌「さるす」の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★「さるす」大革命

雑誌「さるす」は、株式会社日本ドリコムさんが発行していた投稿雑誌です。進学情報誌を発行している日本ドリコムさんらしく、会員さんのほとんどは学生でした。好きな漫画や音楽の話はもちろんですが、受験の悩みや学校の悩み、恋の悩みなどの投稿もたくさんありました。掲載された悩みに、他の会員さんからの返事が掲載されることもありました。
長い間、表紙はプロによるもの、雑誌の前半は編集部が発信する特集記事、後半が投稿作品コーナーという作りでした。

1998年5月に発行された「さるす」において、編集部は「さるす大革命」を発表しました。
posted by なべ at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌「さるす」の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。