2009年08月04日

暑中見舞い企画2009

ということで、お待たせしました☆
皆様からの暑中見舞いのごあいさつ、お届けします〜♪


BGM:浜辺の歌
提供:サイト『童謡・唱歌の世界』
http://www5b.biglobe.ne.jp/~pst/douyou-syouka/

(皆様の投稿へのひとことトークは、最後にあります。)



♪WackyBeeさん

sm78_01m.jpg

WackyPAGE
http://homepage.mac.com/wackybee/WackyPAGE/

花札娘/葉月
http://designgarden.jp/i/C_3659_14_20080412_003826/



♪GROOVYさん

こんにちは!GROOVYです(藤本美菜実って名前で最近はもそもそしてますw)
夏はお仕事で忙しくて、かるーく夏ばてですが><
ゆったりとHPで歌を作ったり歌ったりしております。
よろしければ、見にきてみてくださいね!
URL:http://happiness.rash.jp/voice/
ではでは、短いですが、皆さんも暑い夏ばてずにがんばりましょーい!



♪桐生美虎さん

皆様、暑中お見舞い申し上げます。
さるすに投稿していた頃はイラストを描いていましたが、最近は忙しいのを理由にさっぱり描かなくなってしまいました。でもあの頃(高校生から投稿してました)の夢だった研究者というお仕事に就いているので大変充実しています。また少しずつイラストも描いていきたいなあ。



♪みゆきさん

お久しぶりです
papillonとしてさるすや初期のわいんぐでお世話になっておりました

いまは2009年に入籍して主婦兼仕事もしてます

仕事はアロマショップに勤めてまして日々癒し、癒されの毎日です

いまの仕事が好きで楽しくやってます

もしよかったら気になった方はご連絡もお待ちしてますね

papillon0208(あっと)yahoo.co.jp
(あっと→@にしてくださいね)



♪NOAさん

マイミクの私にコメントですか?なんでも良いの?
えっ!全年齢向けだからエロ・グロネタは控えめに?

じゃあ8割がたダメじゃん(笑)

政治・宗教・企業団体への悪口もダメなの?

更に1割減ったな〜(笑)

銭儲けの話もタブーなの?喋る事ないじゃん(>_<)

あと何か禁止事項あったかな?BLとかパロディなどの創作系は才能ないから私には関係ないね(^^)

まぁなんだ、夏はこれからだから、夏バテしないように頑張っていきましょ♪



♪ななしさん

タイトル:おしゃべりが好き。

人と話をすることが好きです。
別段、弁が立つ方でも、何かインタビュアーをやるような技術を持っているわけでもありせんが、機会があれば誰かとお話をしたいと思っています。
ぼくが好きなのはあくまで「おしゃべり」。誰かの話を聞きたいだけなら講演会に行けばいいし、自分の話を聞いてほしいだけなら講演会を開けば良いわけです。…人が来るかどうかは別として。
話している相手や話題によっては聞くか話すかどちらかに偏ることはありますが、そのどちらが欠けても、何となく残念な気になります。

ちょっと話が違いますが、例えば自分が映画やお芝居を観に行ったり、誰かのライヴに行ったりすると、後日、タイトルや場所や名前をキーワードにしてblogやWeb日記の検索をします。
何がしたいって、同じものを観た人がどんな感想を持っているか、読んでみたいんです。
ぼくが良いと思ったものに満足していない人がいたり、ぼくがつまらないと思ったものを絶賛している人がいたり、ぼくが気付かなかったことに気付いている人がいたり、その全てを超越して、別のことを書いてる人がいたり。色んな文章が出てきますが、ことあるごとにぼくはこの検索をやっていて、もう確実に趣味のひとつになっています。

何となく自己分析するには、自分とは違った色々な考え方や感じ方に触れられるのが好きなんだと思うんです。地域性の違いなんていう話題は大好きだし、同じものを別の言葉で表現するっていう話も好きです。
映画もお芝居も、観終わった後に感想を話し合うのがぼくとしては必須ですから、まず一人では観に行きません。一人で観に行くのは、別の日や場所で誰かが観に行くと分かっているものくらいです。
この感想を話し合うのも楽しくて、ともすれば本編よりもその後の居酒屋や喫茶店を楽しみにしちゃってる気すらしてきます。


どちらか一方の話を聞くだけと、お互いに話をできることの違いってなんなんでしょう。
ただ自分と異なる考え方に出会いたいというだけだったら、黙ってうなづいて聞いていれば良いわけですが、ぼくはそうはできません。自分の考え方も言いたいし、得てして言います。
そこには恐らく相応の承認欲求というか、「自分の言うことを認めてほしい」なんていう想いがあるのかもしれません。とはいっても、場合によっては自分の言いたいことが、相手と反対のことだったりする場合も出てきます。

でもここでも、ぼくがしたいことは「おしゃべり」なんです。
自分の意見の正当性を声高に主張して、相手の主張を曲げさせる…なんて議論めいたレベルのことは、ちょっと行き過ぎです。だからといって、最初から「色んな意見があるよねー」的な結論を前提として話していたんでは、途中の意見の伝え方が白々しいものになりかねません。
何とか楽しく、お互いの意見を伝えあいたいし、相手の意見で自分の想いが変わったり、自分の意見で相手の考えに変化があったりということを体験したいんですが、この楽しみも意外と難しかったりするみたいです。
人によっては決して自分の意見以外のことを聞かないし、逆に自分の意見をほとんど言わずに他の人の意見を聞くのが美徳だと思っている人もいます。いや、もちろんそれが良い場合も少なくないんですけど、何かこう、もうちょっとお互いに立ち入ってみたら、もっと楽しいかもしれないよ? なんて思っちゃいます。
ま、ぼくが立ち入りすぎて煙たがられることも、しばしばあるんですけどね…。

相手にとっても自分にとっても楽しい「おしゃべり」を目指しつつ、得てして自分だけ楽しんで帰って来ちゃいます。まぁ基本が自分の趣味で、その趣味を楽しむためには相手も楽しんでもらわなきゃ!ですから、自分が楽しめてるのは前提だったりしますからね…。
あとはほら、お酒が進むと、もう色んなことが楽しくなって来ちゃったり…ね。うん…。


楽しいトークができる人に、心から憧れを抱きつつ生きています。



♪「酒舗 石塚」四代目さん

◆ 今年の夏、「カキ氷」のシロップ代わりに、氷にかけて美味い、
  「四代目一押しのお酒。」


1. マルスワイン  ヴィニョ・デ・マルス 「優貴熟」

優貴熟

 発酵中のワインにブランデーと古酒ワインを加えて甕で熟成した、マルスワイン独自のオリジナル限定ワインです。
 世界銘酒ポートワイン同様の造り方を行っているので、アルコール分が20%とちょっと高めですが、甕熟成の効果により、まろやかな口当たりに仕上がっており、開栓後も風味の劣化が少なく、ゆったりとした気分で楽しめる “癒し” のワインです。

 セラーセレクション(3年から5年物のブレンド、赤ワイン) 500ml 1,680円
   
※試飲可能です。
  2000年 赤ワイン 500ml 1,970円    1999年 白ワイン  500ml 2,180円

  1996年 赤ワイン 500ml 2,830円    1995年 白ワイン  500ml 3,050円



2. 土佐・菊水酒造  はちみつのお酒 「ミード」 11%

ミード

 はちみつが自然発酵して生まれたミードは、世界最古の酒といわれ、世界各地で愛飲されてきました。
 はちみつと水、そして酵母だけから生まれたミードは、からだにやさしい自然からの贈り物なのです。
極上の「クローバーのはちみつ」を使用。

 ※試飲可能です。お店で、ぜひ気軽にお声を掛けて下さいね。

 720ml 2,200円



3. 世界が驚く梅酒 「梅酒王」

梅酒王

  http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1157359276&owner_id=11952884
  
  大分県老松酒造より
 「世界があっと驚く梅酒を造る」と、蔵を挙げて造った究極の梅酒が今年も限定発売になりました。

超トロリとした無濾過のにごり梅酒、南高梅の酸味と清酒の旨味、麦焼酎の樫樽から来るコク等、全てにおいてのバランスが梅酒の深みを増して、梅酒では世界の梅酒、愛飲家も驚く梅酒王となっています。

◆梅酒王はこんな梅酒です。
   原料
  清 酒 : 超長期醸造古酒を使用(昭和44年醸造)
  麦焼酎 : 3〜5年熟成焼酎(長期樫樽貯蔵)
  梅の実 : 選び抜かれた大粒を使用(完熟南高梅)

 梅酒王は清酒「長期古酒」・麦焼酎「樫樽熟成」そして大粒の南高梅を使用した独自のこだわりの製造法「あらごし」による無濾過仕上げの希少品です。
 梅酒王で至福のひとときをお過ごし戴けます。

 ◎店内にて、試飲も出来ますので、気軽にお声を掛けて下さいね。
  また、この味わいでこの価格、コストパフォーマンスに大変優れていると言えます。

   1.8L 2,990円(税込)   720ml 1,500円(税込)



4. 岐阜県のみりん 「玉泉白瀧 三年熟成 純米本みりん」

純米本みりん

 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1161338724&owner_id=11952884


 飲んで、美味い「みりん」です。

 「米」 原料米は国産米100%使用、さらに掛米には国産もち米を100%使用しました。

 「無」 醸造用糖類、酸味料、調味料などは一切添加してません。甘味も酸味も全て米の味わいです。

 「熟」 蔵元でじっくりと3年以上熟成させて、旨味をたっぷりとひきだしました。色の深さが熟成の証です。

 「味」 上品な甘味と奥深い旨味は飲んでも美味です。分量控えめで、輝くテリと上品な甘味に驚きです。

 「技」 蒲焼、照焼、煮物はもちろん、つゆ、釜飯、味飯などに、是非お試しください

 当店で、お買い上げ戴いているお客様の八割は、飲み用として買われていきます。
 濃い梅酒を想わせる、「リキュール」の様です。

 「みりん」のイメージが変わります。

 ◎店内にて、ぜひ試飲してください。

   500ml  880円(税込)



5. ダイヤモンドが入っているワインフランスワイン
  「ソーテルヌ」地方産 貴腐ぶどう100%
  「シャトー パンサン」 2003年物 750ml
   (白・極甘口・濃厚)  アルコール度数 13,5%


ソーテルヌ
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1161312569&owner_id=11952884

 非常に濃く美しい黄金色。 蜂蜜やアプリコットなどの華やかな香り。
 非常に濃厚な旨味と、コクのある甘味、ほのかな酸味が調和された、「デリケート」で「リッチ」な味わいです。
 柔らかく、とろける様な舌触りな口当たりは、デザートはもちろん、上質なチーズとの相性は抜群です。
 さらに、このワインには、ワインのダイヤモンドと呼ばれている、キラキラした結晶「酒石酸カリウム」が入ってます。
 一番葡萄が、出来の良かった年のみにしか出ない、希少なダイヤモンドです。
 大変、喜ばしい時にぴったりのワインです。

  通常価格 4,000円の処、 限定特価 3,480円 税込
  ※現時点での参考価格は、5,000円以上の価値があるワインです。

追伸
このダイヤモンドが入ったワインを、彼女にプロポーズするのに、指輪の代わりに差し上げたお客様が3名いて、三人ともめでたく上手くいき結婚されました。



6. お芋のお酒 「大地の煌き」  さつまいものリキュール

大地の煌き

 芋焼酎をベースに さつま芋をペーストしたものを加えて造られた、新感覚のデザートリキュールです。
 まるでスイートポテトを飲んでいるかのような・・・。
 いえ、「モンブランケーキ」や「マロングラッセ」を、食べてる様な感覚です。

 とろ〜り濃厚でやさしい甘味がたまらないお酒です。

  720ml  1.450円(税込)


以上が、カキ氷にかけて楽しんでいただきたいお酒です。

もう一点、ぜひご紹介したいお酒です。


◆ 小さな酒蔵の国産 「地・ウイスキー」
  
 モンデ酒造    ※当店のみの限定販売品。
  「シングル・モルト・カスク ストレングス、ウイスキー」 幻の25年物、樽出し原酒
  [1983年・蒸留]  アルコール度数・64% 

地・ウイスキー


 「シングル・モルト・カスク」 ウイスキーの極上の逸品です。

 ◎特徴
 初めは、ブランデーの様に甘くフローラルな果実の香り。
 後から、ピート特有のビターでスモーキーな香りが立ち上がる。
 また、一口飲むと、カラメルの様な甘味(旨味)がパッと口の中に広がります。

 フルボディなコク、クリーミーで優雅な味わい、そして、柔らかな口当たり、後味の余韻がいつまでも甘く長く続く!!

 発売記念・特別価格!!   1,8L 7,800円(税込)



◎お店のご紹介

「石塚のお酒の会」の様子と、上記の商品の紹介が
 読み物サイト「デイリーポータルZ」にて公開されてました。
 詳しくは、→  http://portal.nifty.com/2008/10/08/a/
          http://portal.nifty.com/2009/01/14/a/

「酒舗 石塚」のサイトもございます。
http://www16.ocn.ne.jp/~ishizuka/27.html

「酒舗 石塚」のコミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1221978

「四代目」のmixi日記
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=11952884


◎なべからも宣伝
 店内で常時、いろんなお酒の試飲が出来ます!
 有名銘柄ではない、けれど本当にどれも美味しいお酒ばかり♪♪♪
 ぜひ足を運んでみてください☆
 事前に、四代目(若旦那)に予約しておくと、
 「若のナビゲートによる、比較試飲」もやって戴けるそうです♪
 mixiやってらっしゃる方はメッセージ送ってみてください☆


おまけのトーク(約6分)

BGM:朧月夜
提供:サイト『Reinmusik』
http://classic-midi.com/


※コメントにて、暑中見舞い、残暑見舞いのご挨拶、大歓迎です。
※イラスト投稿してくださる方、追加掲載します。メールでお送りください。
※次号わいんぐ32号、〆切8月末、発行9月の予定です。
 こちらも、投稿お待ちしております☆



posted by なべ at 12:34| Comment(0) | TrackBack(1) | コピー誌わいんぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124219447

この記事へのトラックバック

そこまで聞くの? ワインの話。
Excerpt: そこまで聞くの? ワインの話。
Weblog: 忍者大好きいななさむ書房
Tracked: 2009-08-05 12:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。